色々とやっていこう! 【タミヤ Ⅳ号突撃砲】その3
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【タミヤ Ⅳ号突撃砲】その3
さて、思い出深いⅣ号突撃砲の続きをば。
今回は下地の塗装を掛けました。
前回のⅡ号戦車と同じようにタミヤのラッカースプレー、ライトサンドを使用
です。
IMG_0605.jpg





…まあ、この時点ではなんだか、現用の砂漠戦用の戦車のようになります。
イラクとかで使われたあれとかのやつです。
表面もぬるぬるしていて、いかにも塗料塗り立てな感じです。
本来ならば、ダークイエローを使用するんですが、バナナチップは風味を出すために、この色を下地として、様々な色を塗り重ねて、ダークイエローっぽい色に仕上げていくわけです。
その第一段階として、サフの上にライトサンドを吹いてやるわけです。
むろん、まんべんなくです。
きちんと墨のほうまで塗料を入れてあげましょう。
そして、十分に乾燥させます。
この乾燥時間が足りていないうちに次の作業に手を出すと、うっかりパーツと手がキスしてしまい、指紋がべったりと言うことになりかねません。
↑昔のバナナチップはしょっちゅうでした。
しかしながら、こうして忍耐という言葉を会得したため、今では次の作業にかかるためには丸一日の乾燥時間を置けるようになりました。

…もっとも、ただ待つのではなくて、他の作業はしておきます。
今回はフィギュアも一体、付属していましたので、それを塗装するための準備をば。
IMG_0606.jpg
先ほどのように手で触れると、事故りやすいので、塗装の最中、手に触れないようにするために、こうして台座を付けてやります。
モールドを彫り直し、毛羽だったプラを落ち着かせるために、流し込みタイプの接着剤で軽く表面を撫で、それからサフを吹いてやります。
あまり吹きすぎると、せっかくのモールドがだるくなってしまいますので、そこはほどほどに。
こちらもこのままの状態で、丸一日は乾燥時間を置きます。

うむ、次は転輪かな??

とりあえず、このままの状態で、次の工程に移れるまで待ちたいと思います。
バナナチップボーイ
続き。


スポンサーサイト



テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.