色々とやっていこう! 【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール7
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール7
さあ、いよいよ本体の塗装も山場にさしかかりました。
前回、羽根の部分はちょこっとぬりました。
塗った色は今回、クリアブルーの缶スプレー。

以前はまったく缶スプレーの塗装ってやったことないです。
いつもいつもエアブラシでシコシコとやっていました。
今回ちょっと使ってみたかったんです、はい。
その理由は「ただなんとなく」。
深い意味はないと考えていました。

しかし!


これがいけなかったかも知れない。
…いや、なにがいけないか考えてみると、缶スプレーでクリアブルーと言うことが、ちょっと独特な意味だということにです。

色合いの話をしてしまうと、このクリヤー系の色は下地の色にずいぶんと影響を受けます。
これは別段、色自体は今回が初めてではないので解っていたつもりでした。
しかしながら、今まではクリヤー系を塗るときは下地に同系色の淡い色を予め塗っていました。
たとえば、今回のようにクリヤーブルーを塗る場合、下地にあらかじめホワイトに若干の青色をプラスしたものをです。

あと、今までは薄めたクリアブルーをエアブラシで少しずつ塗っていました。
そのため自分で部分的に色調を変えたりとそういうコントロールが安易でした。
しかしながら、今回は缶スプレー。
エアブラシのように細かに色を乗せるのはずいぶんと難しい。

ボディと羽根の一部のサフをはがした状態で、この細かいコントロールの効かないスプレーで塗ったところ、ムラムラに。
奥まったところに塗装が行かないので、そこを重点的に吹こうとすると、今度はその周囲が濃くなる。
そうすると、またしてもムラムラになる。
なんだかね、循環に…。

思ったより、缶のクリアーブルーは難しいようです。


さて、でもやってしまったものは仕方ない。
いまさら、全部、ペーパーがけしてはがして…などというのもあれな気持ちなので、今回はそのまま行きます。

ということで、ブルーの部分はひとまず置いておいて、今回は機体下部の塗装に入ります。
カウンターシェードというんでしたっけ??
なんだか下から見たときに雲か何かに見えるように下面は白となっています。
そんなわけで白色の缶スプレーで塗装したいと思います。
しかし、ボディの面積からしても、この白い部分は一部。
そのまま吹き付けると、せっかく塗った青色を潰すのでマスキングします。

このマスキングというのはかなり重要な作業です。
バナナチップ的にはこのマスキングが上手に出来るかどうかで完成度が決まると思っているほどです。
そうです。
塗装力=マスキング力。
そう言い切っても過言ではないと思います。
結構、地味な作業です。
疲れたり、心が折れたりしますが、そこはまあ頑張って楽しくやりましょう。
かなり広範囲にわたってのマスキングをした結果、大体こんな感じになりました。
31も32も
ちなみに底面は白です。
この時点で底面にパーツを接着しておきます。
接着はMr.ジャストはけ塗り瞬着と瞬着スプレーです。
41も
車輪のタイヤの部分は黒なので、そこも塗っておきます。
42.jpg
このパーツは接着してしまうと黒色が白でつぶれるので、まだ接着しません。

それでは早速白スプレーをブシュー…。
02.jpg
見事、このようになりました。
さて、それでは次回はいよいよ仕上げにいきたいと思います。

追伸:なんだか、この頃は素直にエアブラシ使えば良いかなと思い始めている;








■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー






続き。


スポンサーサイト



テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.