色々とやっていこう! 【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール4
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール4
■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー





さて、前回、告知したとおりです。
今回は機体内部の塗装と相成ります。

しかし、前回の最後で大変な事件が発生したとは申し述べたとおりです!

なんと、内部の塗装指示図を確認しようと組み立て図を確認したところ、ないのです。
なにがないかと言いますと、その塗装指示がです。
なくしたとかそういうのではなくて、載ってないです。
↑さすがに一枚だけの組み立て図は半端ない!
つまり内部の色というのがどうなっているかは調べるしかない。

そう思い、とりあえず、”シュペルエタンダール”という単語でネットの写真を見たんですが、これもヒットせず。
これはもう本でも買うしかないのか!?
でも本は高いし、第一存在するのか。
存在したとしても、掲載されているとは限らない。
そんなわけで、バナナチップが出した結論。


…もう適当でいいや。

そう。
これこそが、バナナチップの人生の至る所で活躍してきた魔法のワード。
これまでも、ありとあらゆね局面でこのワードを使い、バナナチップは難局を切り抜けてきたのです!
そんなわけで今回もこの言葉を使います。(残り回数:654781/65535回)。

というわけで、機体の内部は”マットホワイト”、シートとコンパネは黒でいいや。
色のチョイスの理由は以前に作った三菱のF-2の色がこんなんだったからです。
まあ、よく分からないものは黒色でごまかす。
すごいぞブラック。強いぞ、ブラック!!ってな感じです。

んで、塗りました。

こんな感じになりました。
69.jpg
こちらは違う角度です。
2.jpg
まあ、実機がどんなになっているのかは、まったく知りません。
でも、まあ、それっぽいし…というか、それっぽいということにしておこう!
↑強引。

さて、それと相成って、本体のほうの内部も白色に塗ります。
IMG_0271_convert_20111009164551.jpg
むろん、両パーツに塗ってやりました。

あとちょっとこの部分が気になりました。
IMG_0277_convert_20111009164651.jpgIMG_0275_convert_20111009164751.jpg
前回に筋をゼリー状瞬着で埋めました。
当然でこぼこになるので、それをペーパーでやすったんですが、うまくいきませんでした。
なにせものが透明なもので、完全に凹凸が消えたかどうか視認しづらいということです。
ちまたには色の付いた瞬着もありますが、バナナチップはまだ試したことがないです。
まあ、色つき瞬着関しましては、その内ということで、今はこの部分の処理を行います。
サフを吹くと一目瞭然なので、そこを再度、ペーパーで削ります。
もう一度サフを吹くとこのように綺麗になったと思います。
67.jpg
先端の筋ぼりが消えていますが、これはちゃちゃっとエッチングソーで復活させておきましょう。
とりあえず、でこぼこの残り具合は目立たなくなりました。

と、まあ、ここまでは装備品と内部という1番の面倒な部分です。
ここさえやりきってしまえば、あとは雪崩式に作業は進みます。
次回はいよいよ外部の組み立てに入りたいと思います。


続き。








スポンサーサイト



テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.