色々とやっていこう! 【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール3
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール3
■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー





さて、今回は前回組み合わせたパーツの処理を行いたいと思います。
前回コクピットの内部のパーツとミサイルなどの装備を組み合わせました。



コクピットのパーツはいいのですが、ミサイルは貼り合わせの部分に若干段差と隙間があります。
これを埋めた後にペーパーをかけてやります。
隙間などを埋めるにはラッカーパテを使うのが定石ですが、今回は瞬間接着剤のゼリータイプを使いました。
この頃、バナナチップはガンプラでこの瞬着のゼリータイプを使います。
パテよりも乾燥が早いというのが利点です。
しかも今回は”瞬着速乾スプレー”なるものを初体験。

これは瞬間接着剤を一瞬で固める代物です。
サッと吹き付けると確かにみるみる固まります。

恐るべし! 瞬着スプレー!!


しかし、これでグッと作業効率が高まります。
※溶きパテなどを使うと、半日から1日は時間を取った方が良い。
パテ代わりの瞬着が固まったところで、今度は切除作業に入ります。

うーむ…。
IMG_0254_convert_20111006204846.jpg

昨日、瞬着スプレーを使いました。
普通に乾かした時と違い、若干、なめらかな固まり具合とでも申しましょうか。
固まった部分が自然乾燥よりもツルツルしている気がします。
今回だけなのは、こういうものなのか、いつもこうなるのかは何回か使ってみないと分かりません。
でも、感触はいいですね、はい。

さて、このでひぼこの部分を今度はペーパーで削ります。
バナナチップはこういう切除作業の時は目の粗いのを使います。
え? 周囲が傷だらけにならないかって?
それはサーフェイサー吹けば大抵消えるので無問題。
もしも、残るほどの物があれば、そのときはそのときで目の細かなペーパーで消してあげます。

というわけで、ペーパーを掛けた物がこちらになります。
IMG_0264_convert_20111006205008.jpgIMG_0266_convert_20111006205220.jpg
ちなみにペーパーがけをすると、ミサイルのモールドが消えてしまいますが、その辺りもケガキノコで復活させておきます。
少し写真がピンぼけていますが、なんとなく筋が惚れているのは確認できるかと。
iPhone新しくしたら、もう少し解像度とか色々と上がるかと思いますので、今しばらくお待ち下さい;
※ちなみに現在iPhone4。解像度は500万画素。





さてさて、今回はとりあえず、武装の処理を行いました。
武装のほうはとりあえず、ここまではやっておきます。
あとは色を付けて本体にくっつけるという作業待ちです。
おそらくは最終工程になると思います。
シュペルエタンダールのと挿図を見ますと、武装の色は本体と同じみたいなので、本体の塗装の時に一緒にやってしまおうと考えています。
次回は飛行機ならば避けては通れない作業の内部塗装に入ります。
コクピットのパーツと本体の内部の一部を塗りたいと思います。
↑今回は筆塗りでいきます。

まず配色を調べます。
内部のどんな色の構成なのか。
そういえば、フランスの航空機は初めてだったりします。
Academyのキットも初めてですが。
そして、コクピットの配色を調べようと説明書を見返すバナナチップ。

しかし、ここでバナナチップも

思わず目を疑う、超問題が!


果たして何がおきたのか??
それは次回を待て!
↑もったいぶってみた。


続き。












スポンサーサイト



テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.