色々とやっていこう! 【工具紹介】シリウス モデリストブラシ
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【工具紹介】シリウス モデリストブラシ
ただ色を塗るだけにとどまらず、様々なところでお世話になる筆。
パテを溶いたり、ドライブラシに…といった用途に使ったりしたことありませんか?
ですが、そういう筆は安い物で十分。
今回は原点的な使い方である塗装。
塗装にこだわった一品を紹介します。









シリウス モデリストブラシ
平筆 価格:1,155円


意外と筆という物は使わない人は使わないかもしれない。
昨今、エアブラシの値段が下がったせいか、模型紙などの作例を見てもエアブラシの物が多いように思える。
しかしながら、ストイックに筆で塗装する人もいる。
そうでなくとも細かい部分には筆のほうがということもあるのである。
かくいう自分はガンプラを作っていたときはエアブラシでほとんど仕上げていました。
しかし、AFVなどをやり始めると、どうしても筆に頼らざるを得なくなった。
というのはフィギュアの塗装などにはさすがにエアブラシは威力が強すぎるからである。
そんなわけで筆を手にした。
正直、エアブラシになれきった手で筆というのはなれるのに時間がかかった。
最初は自分も筆から入ったのだが、そこは安い筆である。
いつしか塗りにくいのが筆と思いこんでいたし、また「塗りにくい」という時代にさかのぼってしまったかのような錯覚を覚えたのだ。

これまた模型紙の受け売りなのだが、ウインザー&ニュートンを使っていた。
最初にこれで塗ったときには感動した。
なんとも細い線が引けるのである。
当然、それ以前に使っていた百円もしないような筆とは全然使い心地が違う。
筆という物は物によってずいぶんと違う。
それがそのときに感じたことである。

まあ、このウインザー&ニュートンはいい筆だ。
そのことについてはまた別の場所でふれたいと思う。
だが、このウインザー&ニュートンの一件で味を占めた自分は様々な価格帯の筆を試した。
そういう時期があった。
今回紹介するこのシリウス モデリストブラシもそんな中の一つである。

元々、筆の中には天然素材を使ったという触れ込みが多い。
ようするに質の良い品物である。
その点、この製品の売りはそこではない。
なんでも筆の形状に着目することで効果を高めるという触れ込みである。
価格は天然の物と同価格帯である。
しかし、コンセプトが違う。

意外と新しもの好きかと聞かれれば、おかしなところで保守的な自分は半信半疑でこの品物を確かめた。

塗りやすいかと聞かれれば、天然素材の物のほうが塗り心地はいい気がする。
しかし、塗料ののり具合がいいかと聞かれれば間違いなくこちらである。
特に面に対して効果を発揮する。
撫でるように滑るように筆が動く気がした。
また先端の厚みが薄いためか、細かい部分にも筆先が届く感じである。
確かにこの製品には伝統といった物がない。
しかしながら、そういった「味」はなくとも、しっかりと働いてくれる性能はあると思えた。
今の自分はこの筆とウインザー&ニュートンの二刀流である。
ちなみにこのブログの記事にある「三菱 F-2」はこの筆で塗装した。
なんとも楽しい塗装であった。
使っていて快感のある筆である。

筆による塗装の必要に迫られたとき。
または「筆でしか塗らないよ」という人々にとりあえずはお勧めである。

シリウス モデリストブラシの
ヤフーショッピングにおける検索結果。


シリウス モデリストブラシの
楽天ショップ内における検索結果。


シリウス ブラシエイドの
記事についてはこちら。




スポンサーサイト



テーマ:商品紹介 - ジャンル:アフィリエイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.