色々とやっていこう! 【航空機1/144】百円ショップの模型とは!?3
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/144】百円ショップの模型とは!?3
トムキャットの組み立ては着実に進んでいる。
今日行うべき作業とはいったい??

   =関連記事=

・【航空機1/144】百円ショップの模型とは!?2
・【航空機1/144】百円ショップの模型とは!?1





さて、前回はトムキャットの胴体パーツの接着と機首部分に下地材、サーフェイサーを塗布する作業を行いました。
今回はその次の段階に移りたいと思います。

本日は簡単な修正及び塗装です。

まずは前回、サーフェイサーを塗った機首部分の塗装をしたいと思います。
内部の塗装です。
この部分を塗装してから二つのパーツを接着します。
逆に言うと、二つのパーツを接着してしまうために塗ってからでないと組み立てが出来ません。
前回、パーツにサーフェイサーを塗布しました。
その部分に指定職である「ホクイト」こと「ホワイト」を塗布します。
パーツ自体が小さく、塗る面積も小さいです。
塗装をするには缶スプレーでやるか、筆塗りか、はたまたエアブラシかと色々とあります。
banana.hは筆での塗装を選択しました。
以下その理由を説明したいと思います。





筆で塗る。
簡単かつ手軽な方法です。
ですが、簡単かというとそうでもありません。
良くハウツー本には簡単な筆塗り、上級者はエアブラシといったものがありますが、両方使ってみた感じとてもそうとは思えません。
エアブラシは高いです。
手に入れるまでは苦労しますし、扱いにも慣れが要ります。
しかしながら、平滑な塗膜を形成するのは簡単なように思えます。
しかしながら、筆一本で平滑な塗膜を形成するにはかなりの熟練が必要でしょう。
また何回も塗らなければならなかったりと、それなりの苦労も伴います。
わたしが筆で塗るのは面白いからと言うのが最大の理由です。
筆というのはとかくじゃじゃ馬で言うことを中々聞いてくれません。
ですが、それが面白いわけです。
あとは手入れが簡単なことでしょうか。
エアブラシはとにかく用意したり、掃除したりというのが面倒くさい。
その面倒くさいのが煩わしいわたしは、余程の大面積でない限りは筆で塗っています。
フィギュアの面を塗るわけではないのでそれほど良い筆でなくとも良いかと思います。
ちなみに塗料はタミヤのアクリル塗料を使用します。
これは溶剤がアルコール系のものらしいです。
一応、水でも希釈できるとのことですが、わたしはやったことがないです。
タミヤから専用の溶剤が出ていますので、それを使っています。

塗料もラッカー塗料と今使ったアクリル塗料とエナメル塗料という三種に大別できます。
今回アクリルを選択したのは無難な塗料ということだからです。

実はラッカー塗料は下地を解かす力が強く、下地に塗布したサーフェイサーを溶かしてしまう可能性があります。
また乾燥するまでの時間が早く、塗った先から乾くためにむらにになりやすいという性質があります。
エナメルは流動性が高くプラスチックに浸透する力が強いです。
その他にももう一つ理由があるのですが、ここでは割愛します。
消去法で行くと、アクリル塗料が残ったというわけです。





塗ること自体はそれほど難しくありません。
ぱぱっと片付けてしまいました。
さて次はトムキャットの胴体部分です。
前回で説明したとおり、このパーツは羽根を挟み込んで、二枚のパーツを貼り合わせます。
その貼り合わせたパーツとパーツの愛が悪い製品があります。
日本製品などは相当合いは良いのですが、古いキットの場合や海外製品の場合はそうではないものがあります。

具体的に言うとどういう事になるかというと、パーツとパーツがずれたようになり、段差が出来たり、隙間が空いたりします。
そういった部分を修正してやる手間が出来るわけです。
今日はそんな手間をかけてやろうというわけです。
これでずいぶんと完成したときの見栄えが良くなります。

まず段差にしても隙間にしても埋めてやらなければなりません。
埋めてやるにはパテを使います。
パテにも様々な種類があります。
エポキシパテやポリエステルパテ。そして、ラッカーパテです。
今回はラッカーパテを使います。
銘柄はタミヤかGSIクレオスのものがありますが、わたしは慣れ親しんだタミヤパテを使います。
灰色のヤツですね。
これを塗料皿に出します。
そして、爪楊枝で使うだけすくってその隙間部分を埋めていきます。
幸いラッカーパテは乾燥時間が早いので2時間もあればパリパリになってきます。
あとはこれを紙ヤスリで成形するわけですが、そこまで行くにはもう少し時間がかかります。
意外と外だけ乾いて削ってみたら中身がぐにゃぐにゃというのがあります。
そういうので悲惨な目にあったことがあるのでここはジッと待ちます。
まあ、わたしは明日まで待とうと思います。
確実に焦らず一歩一歩前に進むというのが模型作りで失敗しないコツだと思えるのです。





次回はパテを紙ヤスリで削り、胴体部分に機首をくっつけ、形にしていこうと思います。
それでは今日はこの辺で失礼します。
お付き合いありがとうございました。


【航空機1/144】百円ショップの模型とは!?4へ



スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。こちらのブログデザインはさわやかで和みますねぇ。
私はまだメカ系プラモに手を出したことはないのですが、手順とか用語とか、ピンキーカスタムなどで親しんでいるのとけっこう似通っているので見ていて面白いですね。「筆塗り難しい」とか「そうそう!」と思います。エアブラシには憧れますけど、そこまで手を出すとますます深みにはまりそうなので我慢我慢;
2006/09/18 (月) 23:58:21 | URL | そうこ #-[ 編集]
エアブラシもだいぶ値段下がってきました。
模型などの小さい物に使うのであれば、実は一万程度のものでも実用に耐える気がします。
その辺りのレビューもやりたいと思います。
今度見てやってくださいな。
2006/09/20 (水) 08:28:33 | URL | banana.h #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.