色々とやっていこう! 【航空機1/72】ハセガワ 三菱F-2 その4
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/72】ハセガワ 三菱F-2 その4
乾燥と塗りを繰り返すこと数回。
果たして、その作業の果てに現れた結末は…?

とりあえず最終回!!

   =関連記事=

【航空機1/72】ハセガワ 三菱F-2 その1
【航空機1/72】ハセガワ 三菱F-2 その2
【航空機1/72】ハセガワ 三菱F-2 その3





さて前回の作業をチマチマと繰り返します。
車輪やその他細部も筆塗り。
すべて機体に接着後に施しました。

しかしここで事件!
筆塗りの時に車輪を飛ばしてしまいました。
戦車の機銃などもそうですが、こういう繊細なパーツは筆がひっかかって飛んでしまうことがあります。
やはり、こういうのは塗ったあとで接着するのが良いようです;

ともあれ、最接着…。
この後はすみ入れへと続きます。





すみ入れというのは模型の凹モールドに沿って、ひたひたに薄めた塗料を流し込んでやる作業のことを指します。
これをしてあげることで完成したときにモールドが強調されて見栄えが良くなるわけです。

大抵はエナメル塗料でやるのですが、このエナメル系の溶剤はプラスチック自体を侵してしまうという性質があります。
そんな厄介な特性のためにパーツの脆い部分がポッキリということになりかねません。
そのため、せめてもの処置として表面をコーティング。
そこでGSIクレオスのラッカー系つや消しスプレーを吹いてやります。
デカールのほうもコーティングする前に貼っておきます。

にしても、ハセガワのデカールとんでもない量です;
何とも細かいものまで付属。
しかしながら、あまり細かすぎるのは今回は省略。
なんだか、デカールで迷彩や機体が覆い隠されてしまう感覚がするので。

今回はシーブルーで流し込み…といきたいところですが、またもや事件。

凹モールドが埋まっていやがる…;;
たぶん、筆塗りで塗料を塗り重ねたのが原因か??
ハセガワのシャープなモールドすらも埋めてしまうとは…;
あー、サフ吹いたときに彫り込んでおけば良かったと後悔しつつも今回は放置。

何やら、初めての試みが多いせいか、やらかしてしまった感が強いのですが、とりあえずは完成。
最期にマスキングを剥がしてやります。

IMG_0539.jpg


IMG_0540.jpg


まあ、こんなところでしょうか??





なんだか、色々と解った事も多いですが、課題も多かったですね、今回;;

まず、筆塗り時は武装その他を別々に塗装。
足回りに補強もしたほうが良さそうです。
凹モールドの筋彫りも課題。
最期に機首部分に入れた粘土が少なかったのか、重心が後ろにいってしまいました。
鼻面が持ち上がってしまうような格好になってしまったので、粘土もけちらない…と。

ともあれ、出来は最悪なので、ハセのF-2、これはいつかリベンジしたいです。





そんなかんだで1ヶ月以上かかって完成の三菱F-2。
いや、筆塗り初挑戦。
しかも地元では中々見かけないキットでの挑戦だったので、心臓に負担駆けまくりながら塗っていました。
失敗したらどうしよう、失敗したらもったいねぇの連続です。

とりあえず、筆のほうは初めてにしてはなんとかなったかな(?)というレベルなのでよしとしましょう。
終わってみれば楽しい作業でした。
↑チマチマとしていましたが。

さて次回はイタレリのキットでも作ろうかなと。
航空機になるか、AFVになるかは未定ですが。
次はエアブラシ使っていこうかと思います。

それではまた~。







独特な迷彩が特徴の空自の戦闘攻撃機。
アメリカのF-16を元に作られた。
空自好きじゃなくても、とりあえず作っとけな一品。
一見するとパーツ数多い気がするのですが、サクサク組めました。
むしろ、デカール全部貼るほうがメンドイかも。
機体色暗すぎると日の丸のデカールが浮いて見えるので気を付けるべし。




スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.