色々とやっていこう! 【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール
FC2ブログ
色々とやっていこう!
ブログ主、バナナチップボーイが製作した模型や制作物を取り扱うブログです。またbanana.hが使ってみたマテリアルや工具の紹介もいたします。
【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール7
さあ、いよいよ本体の塗装も山場にさしかかりました。
前回、羽根の部分はちょこっとぬりました。
塗った色は今回、クリアブルーの缶スプレー。

以前はまったく缶スプレーの塗装ってやったことないです。
いつもいつもエアブラシでシコシコとやっていました。
今回ちょっと使ってみたかったんです、はい。
その理由は「ただなんとなく」。
深い意味はないと考えていました。

しかし!


これがいけなかったかも知れない。
…いや、なにがいけないか考えてみると、缶スプレーでクリアブルーと言うことが、ちょっと独特な意味だということにです。

色合いの話をしてしまうと、このクリヤー系の色は下地の色にずいぶんと影響を受けます。
これは別段、色自体は今回が初めてではないので解っていたつもりでした。
しかしながら、今まではクリヤー系を塗るときは下地に同系色の淡い色を予め塗っていました。
たとえば、今回のようにクリヤーブルーを塗る場合、下地にあらかじめホワイトに若干の青色をプラスしたものをです。

あと、今までは薄めたクリアブルーをエアブラシで少しずつ塗っていました。
そのため自分で部分的に色調を変えたりとそういうコントロールが安易でした。
しかしながら、今回は缶スプレー。
エアブラシのように細かに色を乗せるのはずいぶんと難しい。

ボディと羽根の一部のサフをはがした状態で、この細かいコントロールの効かないスプレーで塗ったところ、ムラムラに。
奥まったところに塗装が行かないので、そこを重点的に吹こうとすると、今度はその周囲が濃くなる。
そうすると、またしてもムラムラになる。
なんだかね、循環に…。

思ったより、缶のクリアーブルーは難しいようです。


さて、でもやってしまったものは仕方ない。
いまさら、全部、ペーパーがけしてはがして…などというのもあれな気持ちなので、今回はそのまま行きます。

ということで、ブルーの部分はひとまず置いておいて、今回は機体下部の塗装に入ります。
カウンターシェードというんでしたっけ??
なんだか下から見たときに雲か何かに見えるように下面は白となっています。
そんなわけで白色の缶スプレーで塗装したいと思います。
しかし、ボディの面積からしても、この白い部分は一部。
そのまま吹き付けると、せっかく塗った青色を潰すのでマスキングします。

このマスキングというのはかなり重要な作業です。
バナナチップ的にはこのマスキングが上手に出来るかどうかで完成度が決まると思っているほどです。
そうです。
塗装力=マスキング力。
そう言い切っても過言ではないと思います。
結構、地味な作業です。
疲れたり、心が折れたりしますが、そこはまあ頑張って楽しくやりましょう。
かなり広範囲にわたってのマスキングをした結果、大体こんな感じになりました。
31も32も
ちなみに底面は白です。
この時点で底面にパーツを接着しておきます。
接着はMr.ジャストはけ塗り瞬着と瞬着スプレーです。
41も
車輪のタイヤの部分は黒なので、そこも塗っておきます。
42.jpg
このパーツは接着してしまうと黒色が白でつぶれるので、まだ接着しません。

それでは早速白スプレーをブシュー…。
02.jpg
見事、このようになりました。
さて、それでは次回はいよいよ仕上げにいきたいと思います。

追伸:なんだか、この頃は素直にエアブラシ使えば良いかなと思い始めている;








■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー






続き。


スポンサーサイト



テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール6
前回の最後のほうで、「作業中に誤って取れてしまいそうな脆いパーツや次の作業の邪魔になるようなパーツはこの時点では付けません」と言いました。
なぜならば、まだ他にやることはくさんあると認識していたからです。

しかし、説明書を見返したところ、実はもうやることはむほとんどありませんでした。
説明書の行程は5つ。
↑いささか、おおざっぱな気も…。
ボディの組み立てまでが2で、しかも5番目に来るはずの武装の組み立ては最初に終わらせている。

つまり、この時点ではもう3/5が終了している!?

そうなると、ボディの組み立ての次はなんかの組み立てがあるだろうと踏んでいたんですが、いきなり、もう細かいパーツくっつけていいよー的な展開に…。
というわけで、卿は細かいのをくっつけて塗装にも一部入ります。

その細かいパーツですが、とかく、ボディに集中しています。
新しいキットであればボディと一体で抜いているような部位を別パーツになっています。
大きさとしては米粒以下なので、慎重に扱う必要があります。
宇絵なくしたら終わり。
またパーツの面積が小さいため、接着が難しいです。
こういうパーツはそれこそ瞬着を使ってくっつけていきます。
瞬着は今まで使っていたゼリー状のものではなく、刷毛塗りタイプを使います。
そして、例によって瞬着スプレーで固めます。
本当に一瞬で固まってくれないと、乾く前にパーツがどこかに飛んでしまうでしょう。
そういうわけで、けして安いものではない瞬着スプレーですが、惜しみなく使います。

ボディに必要なパーツを接着したら、とりあえず、バイザー周りの塗装です。
ここはすぐに閉じてしまうため、今のうちに塗らないといけません。
バイザーはマスキング。

そして、本体色ですが、実はよく分からない色をしています。
説明書を見ると、ブルーグレイとか書いてあるのですが、そのような色はタミヤからもクレオスからも出ていません。
インターネットで画像検索しても、妙に明るかったり、暗かったりします。
やはり、よく分からないので、とりあえず、クリヤーブルーでいきます。
こういう場合、バナナチップはクリヤー色を濃くするか薄くするかで調整を掛けて、それっぽく仕上げることにしています。

さっと表だけ実験的に塗ってみました。
こんな感じです。
09.jpg07.jpg
ん?
んん!?
08.jpg01.jpg
どうやら塗料がたれてしまったようです。
こういう場所は容赦なくぺーパーがけします。
n11.jpg

そして、もう一度塗り直し。
32.jpg31.jpg
ちなみにこの繰り返しで筋などが埋まってしまうので、そうなったら堀り直します。
バナナチップはニードルを使用。
他にも曲線部位にはエッチングノコも使用します。


よもやま話になりますが、細かいパーツは百円ショップの小さなビニル袋が便利。
バナナチップ、こうして細かいのはまとめて袋に入れています。
0065.jpg

さて次回は各パーツをくっつけていきたいと思います。








■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー


続き。








テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール5
さあ、前回告知したとおり、ボディの組み立てに入りたいと思います。
再三書いていますが、航空機の内部パーツは組み立ててしまうと、色を付けるのが困難なため、予め塗装してからボディを挟み込みます。
このキットはエンジンノズルもこのボディの組み立ての際に挟み込まなければならない仕様でした。
そのパーツを挟むことを忘れずに組み立てましょう。
611.jpg
接着材はタミヤの流し込みタイプを使用してやります。
612.jpg610.jpg
なお、下面のパーツも独立しています。
これもこの時点でくっつけてよろしいかと思います。
a69.jpg

説明書によると、この際に翼の部分も作らなければならないよう。
翼のパーツは2つの薄いパーツを貼り合わせるようにして作りますが、ここで邪魔な部分発見。
a67.jpg

おそらくはランナーを形成するときに必要なピンか何かでしょうが、

恐ろしく長いです!


むろん、必要のない部分でしょうから、ニッパーなどで切り取ります。
切り取ると言っても完全に切り取れるわけではないです。
貼り合わせる際には切り取り残した部分も干渉しそうなので、デザインナイフで切り取ります。
しかし、場所的には曲線の凹の部分です。
綺麗に切り取れない場合は、ペーパーかリューターでそいでやります。

ちなみにボディを貼り合わせたときのコクピット周りはこんな感じです。
a62.jpg

と、まあ、ここまでとりあえず接着した後、例によって隙間埋めを行います。
隙間は例のゼリー状瞬間、むろん、瞬着硬化スプレーも併用。
やはり、見る見る間に固まります。
a02.jpga01.jpg
しかし、パーツ分割が割りと複雑のように感じます。
当然のことながら、処理する箇所も複雑な形状になります。
半日から一日置いた後、粗めのペーパーを掛けます。
そして、サフを吹いてやります。
632
ムムム…。
うっすらとサフを掛けてやると、そのでこぼこ具合が解ります。

これは色を付けてやると一層ハッキリしますし、場所が場所だけに誤魔化しが利きません。
よって修正。
再度、ペーパーを掛けます。
そして、デコボコがなくなるまで繰り返してやります。


あと気をつける点はコクピットでしょうか??
ボディに直にサフを吹き付けてしまうと、コクピット内部にまでサフの影響が及びます。
せっかく適当処理で黒に塗ったシートなども全部、白または灰色になってしまうので、マスキングします。
マスキングと言ってもテープだと形状的に難しいです。
そこでバナナチップはぬれティッシュをこのように詰めてやります。
11.jpg
やるときは出来るだけ小刻みにして、ピンセットで隙間に押し込んでやるようにして固定します。
あとはこのティッシュから水分が抜けるのを待って、サーフェイサーを吹き付けます。

このティッシュはまだしばらく詰めておきましょう。
取り除くのはバイザーを付けるときくらいでいいです。

次にボディに細かいパーツを付けていきます。
ですが、作業中に謝って捕り手しまいそうな脆いパーツや次の作業の邪魔になるようなパーツはこの時点では付けません。
それはあくまで最後にしましょう。
そうでないと、パーツが損傷したり、脱落してなくなったりと、意外に取り返しの付かない事態になります。
その辺り、どのパーツを付けていいのか、またはダメなのかという選別がキモです。
これは中々にセンスと経験が必要になります。
とりあえず、説明書とにらめっこして、よく作業手順を頭の中でシミュレーションしましょう。

さて、今回は付けてもいいパーツを付ける…というところまで来ました。
次回は、その付けてないパーツの組み立てと処理を行いたいと思います。





■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー





続き。






テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール4
■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー





さて、前回、告知したとおりです。
今回は機体内部の塗装と相成ります。

しかし、前回の最後で大変な事件が発生したとは申し述べたとおりです!

なんと、内部の塗装指示図を確認しようと組み立て図を確認したところ、ないのです。
なにがないかと言いますと、その塗装指示がです。
なくしたとかそういうのではなくて、載ってないです。
↑さすがに一枚だけの組み立て図は半端ない!
つまり内部の色というのがどうなっているかは調べるしかない。

そう思い、とりあえず、”シュペルエタンダール”という単語でネットの写真を見たんですが、これもヒットせず。
これはもう本でも買うしかないのか!?
でも本は高いし、第一存在するのか。
存在したとしても、掲載されているとは限らない。
そんなわけで、バナナチップが出した結論。


…もう適当でいいや。

そう。
これこそが、バナナチップの人生の至る所で活躍してきた魔法のワード。
これまでも、ありとあらゆね局面でこのワードを使い、バナナチップは難局を切り抜けてきたのです!
そんなわけで今回もこの言葉を使います。(残り回数:654781/65535回)。

というわけで、機体の内部は”マットホワイト”、シートとコンパネは黒でいいや。
色のチョイスの理由は以前に作った三菱のF-2の色がこんなんだったからです。
まあ、よく分からないものは黒色でごまかす。
すごいぞブラック。強いぞ、ブラック!!ってな感じです。

んで、塗りました。

こんな感じになりました。
69.jpg
こちらは違う角度です。
2.jpg
まあ、実機がどんなになっているのかは、まったく知りません。
でも、まあ、それっぽいし…というか、それっぽいということにしておこう!
↑強引。

さて、それと相成って、本体のほうの内部も白色に塗ります。
IMG_0271_convert_20111009164551.jpg
むろん、両パーツに塗ってやりました。

あとちょっとこの部分が気になりました。
IMG_0277_convert_20111009164651.jpgIMG_0275_convert_20111009164751.jpg
前回に筋をゼリー状瞬着で埋めました。
当然でこぼこになるので、それをペーパーでやすったんですが、うまくいきませんでした。
なにせものが透明なもので、完全に凹凸が消えたかどうか視認しづらいということです。
ちまたには色の付いた瞬着もありますが、バナナチップはまだ試したことがないです。
まあ、色つき瞬着関しましては、その内ということで、今はこの部分の処理を行います。
サフを吹くと一目瞭然なので、そこを再度、ペーパーで削ります。
もう一度サフを吹くとこのように綺麗になったと思います。
67.jpg
先端の筋ぼりが消えていますが、これはちゃちゃっとエッチングソーで復活させておきましょう。
とりあえず、でこぼこの残り具合は目立たなくなりました。

と、まあ、ここまでは装備品と内部という1番の面倒な部分です。
ここさえやりきってしまえば、あとは雪崩式に作業は進みます。
次回はいよいよ外部の組み立てに入りたいと思います。


続き。








テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

【航空機1/72】アカデミー シュペルエタンダール3
■シュペルエタンダール関連記事■

・実機について
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュペルエタンダール
・アカデミー社
http://www.academy.co.kr/
http://ja.wikipedia.org/wiki/ アカデミー





さて、今回は前回組み合わせたパーツの処理を行いたいと思います。
前回コクピットの内部のパーツとミサイルなどの装備を組み合わせました。



コクピットのパーツはいいのですが、ミサイルは貼り合わせの部分に若干段差と隙間があります。
これを埋めた後にペーパーをかけてやります。
隙間などを埋めるにはラッカーパテを使うのが定石ですが、今回は瞬間接着剤のゼリータイプを使いました。
この頃、バナナチップはガンプラでこの瞬着のゼリータイプを使います。
パテよりも乾燥が早いというのが利点です。
しかも今回は”瞬着速乾スプレー”なるものを初体験。

これは瞬間接着剤を一瞬で固める代物です。
サッと吹き付けると確かにみるみる固まります。

恐るべし! 瞬着スプレー!!


しかし、これでグッと作業効率が高まります。
※溶きパテなどを使うと、半日から1日は時間を取った方が良い。
パテ代わりの瞬着が固まったところで、今度は切除作業に入ります。

うーむ…。
IMG_0254_convert_20111006204846.jpg

昨日、瞬着スプレーを使いました。
普通に乾かした時と違い、若干、なめらかな固まり具合とでも申しましょうか。
固まった部分が自然乾燥よりもツルツルしている気がします。
今回だけなのは、こういうものなのか、いつもこうなるのかは何回か使ってみないと分かりません。
でも、感触はいいですね、はい。

さて、このでひぼこの部分を今度はペーパーで削ります。
バナナチップはこういう切除作業の時は目の粗いのを使います。
え? 周囲が傷だらけにならないかって?
それはサーフェイサー吹けば大抵消えるので無問題。
もしも、残るほどの物があれば、そのときはそのときで目の細かなペーパーで消してあげます。

というわけで、ペーパーを掛けた物がこちらになります。
IMG_0264_convert_20111006205008.jpgIMG_0266_convert_20111006205220.jpg
ちなみにペーパーがけをすると、ミサイルのモールドが消えてしまいますが、その辺りもケガキノコで復活させておきます。
少し写真がピンぼけていますが、なんとなく筋が惚れているのは確認できるかと。
iPhone新しくしたら、もう少し解像度とか色々と上がるかと思いますので、今しばらくお待ち下さい;
※ちなみに現在iPhone4。解像度は500万画素。





さてさて、今回はとりあえず、武装の処理を行いました。
武装のほうはとりあえず、ここまではやっておきます。
あとは色を付けて本体にくっつけるという作業待ちです。
おそらくは最終工程になると思います。
シュペルエタンダールのと挿図を見ますと、武装の色は本体と同じみたいなので、本体の塗装の時に一緒にやってしまおうと考えています。
次回は飛行機ならば避けては通れない作業の内部塗装に入ります。
コクピットのパーツと本体の内部の一部を塗りたいと思います。
↑今回は筆塗りでいきます。

まず配色を調べます。
内部のどんな色の構成なのか。
そういえば、フランスの航空機は初めてだったりします。
Academyのキットも初めてですが。
そして、コクピットの配色を調べようと説明書を見返すバナナチップ。

しかし、ここでバナナチップも

思わず目を疑う、超問題が!


果たして何がおきたのか??
それは次回を待て!
↑もったいぶってみた。


続き。












テーマ:やってみよう - ジャンル:アフィリエイト

copyright © 2005 色々とやっていこう! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.